やさしい用語説明

資格をこれから取りたいと考えている人は、資格のことを調べてどれが自分にあった資格だろうか?

或いは、どれが自分の手の届く資格だろうか?簡単に取れる資格はあるのか?どの資格が将来性のある資格だろうか?・・・いろいろ調べて検討するのは当然です。

資格のことを調べる上で、頭に入れてもらいたいやさしい用語の説明をしておきます。

資格選びの参考にしてください。


資格

資格とは他の人とは区別される能力や条件のことをいいます。試験に合格又は講習を受講して特定の職業つくことができる場合の資格や専門的な能力を証明するための資格ことをいいます。

検定

検定とは、ある一定の基準(ペーパー試験に限らない)に基づいて合格や不合格を定めたり、あるいは、その習熟度(レベル)や等級(1級・2級や初段・2段など)を決めること

国家資格

国が資格を認定しその試験などを主催すれば国家資格です。この国家資格には医師や弁護士など誰でも知っている資格などがあり、職業として成り立つものも多くあり社会的な信用度が高い資格が多いのが特徴です。

公的格資

国に準ずる機関や地方公共団体(都道府県や市町村)で資格を認定する資格であれば公的資格といいます。国に準ずる機関として、日本商工会議所が主催認定している簿記検定や販売士資格などが公的資格の具体例として挙げられます。

民間資格

民間の企業や団体などが資格を認定していれば民間資格といいます。民間資格は特定分野のスキルアップをはかるもの多い。そして娯楽や趣味的な資格が多くみられるのも特徴の一つです。

業務独占資格

国家資格の中で、その資格を所持していないと業務ができない資格のことを言います。国の法令により資格者以外は業務ができないと規定されている資格である。難関資格と呼ばれる資格のほとんどはこのグループとなっています。

名称独占資格

資格の名称は、国から資格者として認定されたものだけ名乗れますが、その資格者が行っている業務は誰でも行い得る資格が名称独占資格といいます。具体例をあげます。保育士や中小企業診断士・技能士などがこのグループです。

設置義務資格

国の法令により一定の業務をおこなう場合に必ず資格者をおかなければならないと規定されている資格です。必置資格とも呼ばれています。

受験資格

誰でも受験できる資格はありますが、特定の資格の中にはその試験を受験したり、講習を受講したりするのに資格が必要な場合もあります。(これを受験資格といいます。)学歴や職歴或いは年齢で受験できないことや講習に参加できないかもしれません。これから資格を考えている方は事前に調べておきましょう。

資格商法・さむらい商法

日本には数えきれないくらいの資格の数があります。おそらく2000種類以上はあるのではないでしょうか?だれもこのすべてをを把握できる人はいません。その資格のなかで一部の資格と考えれますが、ことさら高い教材を売りつけたり、もうすぐ国家資格になるなどとウソをいって高い教材を売りつけたりする・・・(その手口は多数あります)ことがしばしば見受けられます。こうゆう商売のやり方を資格商法・さむらい商法と言ったりします。甘い言葉には気をつけてください。

独学

自分ひとりで書籍などで学習することを独学といいます。自分のペースで学習することができ、書籍代だけで済みます。何といっても費用が安くつきます。 デメリットの方は、独りよがりになり間違ったことを正解だと信じてしまうことも多々あります。孤独になりがちであり、強い意志が必要です。

通信教育・通信講座

定評ある教材などを使用して自分なりのペースで学習できます。企業等に勤務している方は、スクールに通学できない方も多いと考えます。通信教育を考えてみたらいかがでしょうか?現在は郵便で教材が送られてくるばかりじゃなくインターネットを利用した学習方法も定着してますよ。

資格指導機関・スクール

リアルタイムで講師に質問ができるし、スクール内の同じ目標を持った受験仲間との情報交換もできます。その結果、理解が早まり資格試験の合格まで早くたどり着けます。デメリットとしては、費用が高くつきます。企業等に勤務しているはスクールを利用したくても通学する時間がとれないことが多い。

投稿日:2017年3月16日 更新日:

Copyright© 国家資格カタログ , 2018 AllRights Reserved.