「航空機・航空輸送分野」 一覧

航空通信士・操縦教育証明(航空従事者)・耐空検査員

航空通信士(航空従事者) 航空機の乗り込んで無線設備の操作を行うのに必要な資格です。この資格も国土交通省所管で航空従事者の資格となります。なお、名称が似ていますが、電波法による「航空無線通信士」とは別 ...

(航空)運行管理者(航空従事者)

航空法に基づく航空従事者の中の一つの資格である。 飛行機の運航は、気象条件によって様々な影響を受けことがあります。運航管理者は気象条件やその他の運行情報を確認しながら、航空機の飛行ルート、飛行高度、燃 ...

計器飛行証明(航空従事者)

航空法に基づく航空従事者の中の一つの資格である。 計器飛行とは、航空機に乗り込んで操縦をする場合に、航空機の姿勢、高度、位置、針路の測定を計器によってのみ行うことを指すが、本来の航空機の操縦は、目視及 ...

航空機関士(航空従事者・フライトエンジニア)

航空法に基づく航空従事者の中の一つの資格です。 航空機関士は、フライトエンジニアと言ったほうが馴染みがあるかもしれません。航空機に乗り込んで、発動機及び機体の取扱(操縦装置を除く)が主な業務です。 航 ...

航空士(航空従事者・フライトナビゲーター)

航空法に基づく航空従事者の中の一つの資格です。 航空士は、フライトナビゲーターと言ったほうが、馴染みがあるかもしれません。航空士は、航空機に乗り込んで、位置、進路を測定して航法の決定に重要なデータを提 ...

航空工場検査員

航空機製造事業法に基づく資格です。 航空機製造事業法により許可を受けた事業者や届出業者が、航空機の製造・修理又は航空機用機器の製造を行う場合には、航空工場検査員試験に合格した者を航空検査技術者に選任し ...

航空工場整備士(航空従事者)

航空機は多種多様な部品で構成されている。この航空機の部品の整備を専門的に行うのが航空工場整備の役割です。 この資格は、機体構造関係・機体装備品関係・ピストン発動機関係・タービン発動機関係・プロペラ関係 ...

航空整備士・航空運航整備士(航空従事者)

航空整備士とは、航空機安全に飛べるように機体の整備・点検・修理を行うのが主な業務です。対象とする航空機や業務によって次の4種に区分されます。 旅客機や大型ヘリコプター等の整備確認ができる一等航空整備士 ...

操縦士(航空従事者・パイロット)

航空法に定められた資格である。航空機に乗り込んで操縦を行うパイロットの資格です。 資格の区分は、国内線や国際線の定期航路の航空機を機長として操縦する定期運送用操縦士、国内線や国際線の定期航路の航空機を ...

Copyright© 国家資格カタログ , 2019 AllRights Reserved.