「工業技術・エネルギー・技能分野」 一覧

技能士

職業能力開発促進法に基づく資格である。 仕事をする上で必要な技能のレベルを測る目安として習熟度別の検定制度が設けてあり、合格すると技能士の名称を名乗ることができる。 平成28年現在4月現在、都道府県単 ...

職業訓練指導員

職業能力開発促進法に基づく資格である。 職業訓練指導員とは、全国各地の公共の職業訓練校や民間の認定職業訓練施設で、各種の技能、技術の取得の指導や就職支援などを行うのに必要な資格である。 その指導員の資 ...

給水装置工事主任技術者

市町村などが水道事業者が水道の供給事業を行う場合、水道の供給を受ける者の水道装置の構造及び材質などを基準に適合させる必要があるため、その給水装置工事を適正に施行することができる者を指定することができる ...

技術士

我が国の技術分野の資格の中で最高ランクの資格として位置づけられている。 技術士は、科学技術に関する高等な専門的応用能力を必要とする事項についての計画、研究、設計、分析、試験、評価又はこれれの業務につい ...

高圧ガス移動監視者・特定高圧ガス取扱主任者・充てん作業者

高圧ガス移動監視者とは、高圧ガスの容器を自動車などに積載して輸送するための資格である。 特定高圧ガス取扱主任者とは、圧縮水素、圧縮天然ガス、液化酸素などの一定数量以上の高圧ガスを貯蔵して消費する事業所 ...

採石業務管理者

採石業法に基づく資格である。 岩石の採取に関して災害を防止するため、採取計画の作成や計画・採取計画に従った岩石の採取及び災害防止の監督、従業者に対する採石の採取に関しての災害の防止に関する教育の計画、 ...

砂利採取業務主任者

砂利採取法に基づく資格である。 砂利採取業務主任者は、砂利採取の計画及び変更、採取計画に従っての砂利の採取が行われることの監督、従業員に対する砂利採取の伴う災害の防止に関する教育の立案、実施、監督など ...

ボイラー・タービン主任技術者

電気事業法に基づく資格である。 ボイラー・タービン主任者は、発電用のボイラー、蒸気タービン、ガスタービンおよび燃料電池発電所などの工事、維持運用の保安の監督が主な任務となる。 資格区分は、第一種ボイラ ...

ダム水路主任技術者

電気事業法にもとづく資格である。 ダム、導水路、サージタンク、水圧管路などの水力発電所の水力設備の工事、維持、運用に係る保安の監督をおこなうために必要となる資格である。 ダム水路主任技術者の免状所有者 ...

ガス消費機器設置工事監督者

ガス機器による災害の発生を防止するため、ガス機器のうち、構造や使用の状況等から見て、設置方法や工事ミスにより災害の発生の恐れが多い機器は、特定ガス消費機器(ガスふろがま、ガス湯沸かし器及びガス機器の排 ...

Copyright© 国家資格カタログ , 2019 AllRights Reserved.