「建設・各種工事その他建築物分野」 一覧

倉庫管理主任者

倉庫業法に基づく資格です。倉庫業は生産者と消費者を結ぶ産業として、国民の経済生活の根本を支える重要な業務である。 そのために倉庫業法では、倉庫業を営もうとする者には、国土交通大臣が行う登録を義務付けて ...

特定建築物調査員・防火設備検査員・昇降機等検査員・建築設備検査員

平成28年6月建築基準法が改正され、従来の資格を改編して、新たな資格制度として施行されている資格である。 この建築基準法の改正には、福山市のホテル火災、長崎市のグループホーム火災、福岡市の診療所火災な ...

建築士

建築士法に基づく資格である。建築分野においては、建築物の大規模化、多様化、高度化が急速に進行してきているが、これらの建築物の設計・工事監理の担当するのが建築士である。 すべての建築の設計・工事管理がで ...

建築設備士

建築士法に基づく資格である。 建築分野においては一般の住宅からマンションや高層ビルまで様々な建築物の形態がある。そんな中で空調・換気・給排水や電気等の建築設備の高度化・多様化・複雑化が進行し、建築設備 ...

解体工事施工技士

建設工事にかかる資材の再資源化等に関する法律(建設リサイクル法)に基づく建物等の解体工事に関する資格である。 解体工事に従事する現場管理者等の解体工事の技術・解体廃棄物の適正な処理・建設リサイクル法に ...

管工事施工管理技士

建設業法に基づき創設されている技術検定資格です。管工事施工管理技術検定とも呼称される。建設工事のうち主に冷暖房設備・給排水設備・ガス管・浄化槽やトイレ工事等の総称を管工事と呼んでいる。 近年の建設工事 ...

電気工事施工管理技士

建設業法に基づき創設されている技術検定資格です。電気工事施工管理技術検定とも呼称される。 近年の建設工事は、高度化・多様化・専門化が進展してきており、建設工事のうち電気工事の円滑な施工と品質の確保を図 ...

建設機械施工技士

建設業法に基づき創設されている技術検定資格です。建設機械施工技術検定とも呼称される。 建設の現場では、ブルドーザー・油圧ショベル。モーターグレーラー等様々な建設機械を操作して建設工事を行う。建設機械施 ...

造園施工管理技士

建設業法に基づき創設されている技術検定資格です。 造園施工管理技術検定とも呼称される。建設工事のうち主に公園や緑地化その他の造園に関する工事を担当する。 近年の建設工事は、高度化・多様化・専門化が進展 ...

土木施工管理技士

建設業法に基づき創設されている技術検定資格です。土木施工管理技術検定とも呼称される。 近年の建設工事は、高度化・多様化・専門化が進展してきており、建設工事のうち土木工事の円滑な施工と品質の確保を図るた ...

Copyright© 国家資格カタログ , 2019 AllRights Reserved.