「経済・経営・労務分野」 一覧

キャリアコンサルタント

平成28年4月より、職業能力開発促進法に基づいて新しくできた資格である。 労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力開発及びその向上に関する相談、助言及び指導をなどのキャリアコンサルティングを行う専 ...

社会保険労務士

社会保険労務士は、企業等から依頼を受けて健康保険・雇用保険・労災保険や厚生年金の各種届け出やその書類の作成を行うのが主な仕事である。 その他、法令に基づく帳簿類の作成業務として、、労働者名簿・就業規則 ...

農業協同組合監査士・水産業協同組合監査士・森林組合監査士

農業協同組合監査士は、農業協同組合法より、水産業協同組合監査士は、水産業協同組合法・森林組合監査士は森林組合法の規定により設けられている資格である。 いずれの組合監査についても、各組合監査士の資格を有 ...

中小企業診断士

中小企業支援法に基づき設けられた国家資格である。中小企業の経営状態を分析・診断し、その診断先の企業の経営相談或いは経営戦略等のアドバイスを行うのが主な仕事である。 また、自らなした経営相談或いはアドバ ...

税理士

会計・税金の専門家である。税理士は、個人や企業等の依頼により法人税や所得税・相続税や消費税等様々な税金の申告の代理そのほか税務署に提出する書類の作成やその相談を行っています。 日本の税制は非常に複雑で ...

貸金業務取扱主任者

2009年から貸金業の規制等に関する法律の改正により新たに創設された資格である。 貸金業者は、営業所や事業所ごと、貸金業務に従事する人員の50人毎に1名以上の貸金業務取扱者をおかなければならいしている ...

公認会計士

会計分野の資格の中で、最高峰の資格と位置づけられている。企業等の経済活動を行っているところは必ず会計が必要である。この会計の専門家が公認会計士である。 上場企業の財務諸表の監査が主な業務であるが、同時 ...

Copyright© 国家資格カタログ , 2019 AllRights Reserved.