「安全・衛生・危険・消防分野」 一覧

林業架線作業主任者

労働安全衛生法に基づく資格である。 山林で伐採された原木は、山の斜面に備えるけられたた機械集積装置や運搬索道(索道とは空中にロープを吊り下げた運搬用機器に人や貨物などを乗せ運ぶ交通機関のことである。) ...

ガス溶接作業主任者

労働安全衛生法に基づく資格である。 アセチレン溶接装置又はガス集合溶接装置を用いて金属の溶接・切断又は加熱の作業を行う事業所では、ガス溶接作業主任者試験の免許を受けた者の中から、ガス溶接作業主任者を選 ...

発破技士

労働安全衛生法に基づく資格である。火薬類を用いて発破の作業は大きな危険が伴うので、この仕事を行うには、発破技士がこれにあたるとされている。 発破作業は、土木工事や砕石現場などで必要とされる必要とされる ...

潜水士

労働安全衛生法に基づく資格である。 労働安全衛生法高気圧作業安全衛生規則では、水中で潜水具を使用して潜水の業務に就くには、高気圧障害その他の危険が大きいことから、潜水士免許を受けた者でなければ業務をお ...

移動式クレーン運転士

労働安全衛生法に基づく資格である。 労働安全衛生法施行令では、つり上げ荷重が5トン以上のトラッククレーン・ラフテレーンクレーン・クローラクレーンなどの移動式クレーンの運転については、、移動式クレーン運 ...

クレーン・デリック運転士

労働安全衛生法に基づく資格である。労働安全衛生法施行令では、つり上げ荷重が5トン以上のクレーンの運転及びつり上げ荷重が5トン以上のデリックの運転については、クレーン・デリック運転士の免許を受けた者であ ...

ボイラー整備士

労働安全衛生法に基づく資格である。 労働安全衛生法施行規則には、ボイラー免許の交付を受けた者でなければ、ボイラー取扱業務につくことは出来ないとしている。(小規模ボイラーを除く) ボイラー整備士は、病院 ...

ボイラー溶接士

労働安全衛生法に基づく資格である。労働安全衛生法施行規則には、ボイラー免許の交付を受けた者でなければ、ボイラー取扱業務につくことは出来ないとしている。(小規模ボイラーを除く)ボイラー溶接士は、病院、工 ...

ボイラー技士

労働安全衛生法に基づく資格である。労働安全衛生法施行規則には、ボイラー免許の交付を受けた者でなければ、ボイラー取扱業務につくことは出来ないとしている。(小規模ボイラーを除く)ボイラー技士は、病院、工場 ...

安全管理者・(安全)衛生推進者・衛生工学衛生管理者

安全管理者 労働者安全衛生法に基づく資格である。 常時50人以上の労働者がいる事業所では、労働者の危険又は健康障害の防止、労働者の安全又は衛生のための教育の実施、健康診断の実施・労働災害の原因の調査及 ...

Copyright© 国家資格カタログ , 2020 AllRights Reserved.