生活・美理容・ギャンブル分野など

機械警備業務管理者

投稿日:2017年2月22日 更新日:

警備業法に基づく資格である。

事務所、住宅、などの盗難等の発生を警戒し防止するためにセンサーなどの警備用の機械を用いて警備にあたる機械警備業者は、その基地局ごとにその機械の運用を監督し、警備員に対する指令を統制し、機械警備業務を管理するため
機械警備業務管理者「機械警備業務管理者証」の交付を受けている中から選任しなけれならない。

所管府省庁・根拠法令

内閣府(国家公安委員会・警察庁)・警備業法

資格の機能

設置義務資格

機械警備業務管理者への道

次の2とおりの方法がある

  1. 各都道府県公安委員会が行う「機械警備業務管理者講習会」を修了し、資格者証の交付を受ける。
  2. 上記と同等以上の知識及び能力を有すると認められ、資格者証の交付を受ける。
受講資格

特別な制限はないが、未成年者や警備業法で定められている欠格事由の該当者は受講できない。

ブックストアへ行く

講習実施機関

各都道府県公安委員会・一般社団法人全国警備業協会

広告


-生活・美理容・ギャンブル分野など

Copyright© 国家資格カタログ , 2018 AllRights Reserved.