船舶・海上輸送分野

(船舶)消火作業指揮者

投稿日:2017年2月21日 更新日:

船員法に基づく資格である。

総トン数20トン以上の船舶所有者は、「(船舶)安全担当者」の中から船長の意見を聞いて、(船舶)消火作業指揮者を選任して以下の業務を単と担当させなければならない。

1.消火設備及び消火器具のの点検及び整備・2.火災発生時の消火作業の指揮・3・発生した火災の原因調査・4.火災予防の教育・消火作業に関する教育・訓練

所管府省庁・根拠法令

国土交通省・船員法

資格の機能

設置義務資格

(船舶)消火作業指揮者への道

次の資格要件がある

  1. 海技士(航海)・海技士(機関)・海技士(通信)・海技士(電気通信)の海技免許を受けている者
  2. 締約国資格証明書を有する者であって、国土交通大臣の承認を受けた者
  3. 消火講習であって、登録海技免許講習実施機関が実施する課程を修了した者

広告


-船舶・海上輸送分野

Copyright© 国家資格カタログ , 2018 AllRights Reserved.