福祉・介護・マッサージ分野

精神保健福祉士

投稿日:2017年2月11日 更新日:

精神保健福祉士は、精神障害者の保健及び福祉に関する専門的知識及び技術をもって、精神科病院などにおいて精神障害の医療を受け、又は精神障害者の社会復帰に向けて施設を利用している人への社会復帰に関する相談に応じ、助言、指導、日常生活への適応のための必要な訓練などを行うことが主な業務となる。

社会福祉士及び介護福祉士とともに3福祉士とされる福祉系の資格である。

所管府省庁・根拠法令

厚生労働省・精神保健福祉士法

資格の機能

名称独占資格

精神保健福祉士への道

「精神保健福祉士国家試験」に合格する必要がある。

日程(申込期日)

9月初旬から10月初旬

日程(試験日・合格発表)

試験日・1月下旬2日間・合格発表・3月中旬

受験資格

次のような受験資格がある。

  1. 4年制大学で指定科目を修めて卒業した者
  2. 2年制(又は3年制)短期大学で、指定学科を修めて卒業し、指定施設で2年(又は1年以上)の相談援助の業務の従事者
  3. 精神保健福祉士短期養成施設(6月以上)を卒業した者
  4. 精神保健福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業した者

試験の内容

試験科目は次のとおり

  • 精神疾患とその治療・精神保健の課題と支援・精神保健福祉相談援助の基盤
  • 精神保健福祉の理論と相談援助の展開・精神保健福祉に関する制度とサービス
  • 精神障害者の生活支援システム・人体の構造と機能及び疾病・心理学理論と心理的支援
  • 社会理論と社会システム・現代社会と福祉・地域福祉の理論と方法・福祉行財政と福祉計画
  • 社会保障・障害者に対する支援と障害者自立支援制度・低所得者に対する支援と生活保護制度・保健医療サービス
  • 権利擁護と成年後見制度
択一式試験問題
ブックストアへ行くAmazon楽天ブックス セブンネットショッピング

試験結果

直近の試験結果は次のとおり

回数・年度 実受験者(人) 合格者(人) 合格率(%)
第16回・H26年 7,119 4,149 58.3
第17回・H27年 7,183 4,402 61.3
第18回・H28年 7,173 4,417 61.6

資格者になるまでの必要エネルギー

♠♠♠♠レベル2

試験実施機関・資格者団体

公益社団法人者社会福祉振興・試験センター・公益社団法人日本精神保健福祉士協会

広告


-福祉・介護・マッサージ分野

Copyright© 国家資格カタログ , 2018 AllRights Reserved.