安全・衛生・危険・消防分野

火薬類取扱保安責任者

投稿日:2017年2月5日 更新日:

火薬類等取締法に基づく資格である。

火薬類の製造、貯蔵、運搬、消費などの取り扱いを規制することにより、火薬類による災害を防止し、公共の安全を確保するためとされる。

資格区分は、取扱量及び種類に応じて1.甲種火薬類取扱保安責任者・2、乙種火薬類取扱保安責任者の2種に区分される。

所管府省庁・根拠法令

経済産業省・火薬類取締法

資格の機能

設置義務資格

火薬類取扱保安責任者への道

都道府県火薬類保安製造協会が実施する甲種火薬類取扱保安責任者・乙種火薬類取扱保安責任者試験に合格し、
免状の交付を受け、甲種火薬類保安責任者又は乙種火薬類保安責任者に選任される。

日程(申込期間)

6月下旬

日程(試験日・合格発表)

試験日・9月初旬・合格発表・10月下旬

受験資格

受験資格はない。

試験の内容

甲種・乙種
  • 火薬類取締に関する法令
  • 一般火薬学
試験科目の免除

次のような試験科目免除規定がある。

  1. 甲種・乙種火薬類製造保安責任者は、試験科目の全部を免除
  2. 大学の工業化学に関する学科において火薬学を専攻して卒業した者は、一般火薬学が免除
  3. 大学・高等専門学校・高校・専修学校を卒業し、火薬学を修得した者は、一般火薬学を免除
  4. 鉱山保安規則の火薬係員試験の合格した者は一般火薬学が免除される。
ブックストアへ行くAmazon楽天ブックス セブンネットショッピング

試験結果

公表されていない。

試験実施機関

公益社団法人全国火薬類保安協会

広告


-安全・衛生・危険・消防分野

Copyright© 国家資格カタログ , 2018 AllRights Reserved.