環境・自然・公害分野

計量士

投稿日:2017年2月4日 更新日:

計量法に基づく資格である。

計量器の検査、管理が主な業務であり、経済取引やその証明の適正な計量を確保するための資格である。

資格区分は1.一般計量士・2.環境計量士(濃度関係)・3.環境計量士(騒音、振動関係)に区分される。
一般計量士は、工場、デパート、スーパーなどで使用される長さ計や質量計、体積計などの精度管理や測定計画の策定や実施などが主な業務となる。
環境計量士(濃度関係)は、工場などから排出されるばい煙、排水や土壌中の有害物質、悪臭物質などの測定及び計量管理を行い、
環境計量士(騒音・振動関係)は、建設工事、道路、鉄道、航空機などの騒音の測定及び計量管理を主に担当する。

所管府省庁・根拠法令

経済産業省・計量法

資格の機能

設置義務資格・名称独占資格

計量士への道

経済産業省が実施する計量士国家試験に合格する。

日程(申込期間)

10月初旬から10月下旬

日程(試験日・合格発表)

試験日・3月初旬・合格発表・4月中旬

受験資格

受験資格はない。誰でも受験できる。

試験の内容

一般計量士
  • 計量に関する基礎知識
  • 計量器概論及び質量の計算
  • 計量関係法規
  • 計量管理概論
環境計量士(濃度関係)
  • 環境計量に関する基礎知識(化学)
  • 化学分析概論及び濃度の計量
  • 計量関係法規
  • 計量管理概論
環境計量士(騒音・振動関係)
  • 環境計量に関する基礎知識(物理)
  • 音響・振動概論並びに音圧レベル及び振動加速度レベルの計量
  • 計量関係法規
  • 計量管理概論
ブックストアへ行くAmazon楽天ブックス セブンネットショッピング

試験結果

直近の試験結果はつぎのとおり。

H28年度 実受験者(人) 合格者(人) 合格率(%)
一般計量士 1,043 163 15.6
環境計量士(濃度関係) 3,239 496 15.3
環境計量士(騒音・振動関係) 883 142 16.1

資格になるまでの必要エネルギー

♠♠レベル3

試験実施機関・資格者団体等

経済産業省

広告


-環境・自然・公害分野

Copyright© 国家資格カタログ , 2018 AllRights Reserved.