工業技術・エネルギー・技能分野

採石業務管理者

投稿日:2017年2月3日 更新日:

採石業法に基づく資格である。

岩石の採取に関して災害を防止するため、採取計画の作成や計画・採取計画に従った岩石の採取及び災害防止の監督、従業者に対する採石の採取に関しての災害の防止に関する教育の計画、立案、実施、監督などが主な業務となる。

採石業を営もうとする者は、都道府県知事に登録を受ける際に、採石業務管理者を選任しなければならないとされている。

所管府省庁・根拠法令

経済産業省・採石業法

資格の機能

設置義務資格

採石業務管理者への道

都道府県知事が実施する採石業務管理者試験に合格し、採石業務管理者として選任される。

受験をしない採石業務管理者への道

都道府県知事が上記試験合格と同等以上の知識及び技能を有すると認めるものも採石業務管理者になれることになっている。ただし、事例は少ない。

日程・申込期日

各都道府県で異なる。

日程・試験日・合格発表

各都道府県で異なる

受験資格

受験資格はない。

試験の内容

  • 岩石の採取に関する法令事項
  • 岩石の採取、発破、破砕選別、汚濁水の処理、脱水ケーキの処理、廃土及び廃石のたい積並びに採掘終了時の措置に関する技術的事項
択一式試験・試験時間2時間
ブックストアへ行くAmazon楽天ブックス セブンネットショッピング

試験結果

各都道府県単位で公表される。

資格者になるまでの必要エネルギー

♠♠♠♠♠レベル2

広告


-工業技術・エネルギー・技能分野

Copyright© 国家資格カタログ , 2018 AllRights Reserved.