工業技術・エネルギー・技能分野

核燃料取扱主任者

投稿日:2017年1月31日 更新日:

核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律に基づく資格である。

同法では、加工事業者は、核燃料の加工、使用済み核燃料の再処理作業で、ウランやトリウムなどの核燃料物資に関して保安の監督を行わせるために、核燃料取扱主任者を選任しなければならないと定めている。

所管府省庁・根拠法令

経済産業省(原子力規制委員会)・核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律

資格の機能

業務独占資格・設置義務資格

核燃料取扱主任者への道

原子炉規制委員会が行う核燃料取扱主任者試験に合格し、「核燃料取扱主任者免状」の交付を受ける。

日程(申込期間)

1月初旬から1月中旬

日程(試験日・合格発表)

試験日・3月中旬の2日間・合格発表・6月初旬

受験資格

受験資格はない。

試験の内容

  • 核燃料物質の化学的性質及び物理的物質
  • 核燃料物質の取り扱いに関する技術
  • 放射線の測定及び放射線障害の防止に関する技術
  • 核燃料物質に関する法令
試験科目の免除
  1. 第一種放射線取扱主任者試験合格者は、「放射線の測定及び放射線障害の防止に関する技術」が免除される。
  2. 大学院の専門職学位課程であって、原子力委員会が認めた課程の修了者であって、修了後5年未満の者は、「核燃料物質に関する法令」以外は免除される。
ブックストアへ行くAmazon楽天ブックス セブンネットショッピング

試験結果

平成28年度・受験者66名・合格者25名

資格になるまでの必要エネルギー

♠♠レベル3

試験実施機関

経済産業省(原子力規制委員会)

広告


-工業技術・エネルギー・技能分野

Copyright© 国家資格カタログ , 2018 AllRights Reserved.