司法・法務・行政分野

揚貨装置運転士

投稿日:2017年1月25日 更新日:

労働安全衛生法に基づく資格である。

労働安全衛生法施行令では、つり上げ荷重が5トン以上の船舶内に備え付けられたクレーンやデリック(揚貨装置という。)については、揚貨装置運転士の免許を受けた者でなければ業務を行えないとされている。

所管府省庁・根拠法令

厚生労働省・労働安全衛生法

資格の機能

業務独占資格

揚貨装置運転士への道

都道府県労働局長が行う揚貨装置運転士国家試験に合格し免許の交付を受ける。

日程(申込期間)

詳しくは公益財団法人安全衛生技術試験センターへ問い合わせ

日程(試験日・合格発表)

詳しくは公益財団法人安全衛生技術試験センターへ問い合わせ

受験資格

受験資格はない。

試験の内容

学科
  • 揚貨装置に関する知識
  • 関係法令
  • 原動機及び電気に関する知識
  • 揚貨装置の運転のために必要な力学に関する知識
試験時間2時間30分

実技
  • 揚貨装置の運転
  • 揚貨装置の運転のための合図
試験科目の免除
  1. クレーン・デリック・旧クレーンデリック又は移動式クレーン運転士は「原動機及び電気に関する知識」・「力学に関する知識」・「運転のための合図」は、免除される。
  2. 揚貨装置運転実技講習終了者は、1年以内は実技試験の全部が免除され。
  3. 揚貨装置学科試験に合格した者は、1年以内は学科試験の全部が免除される。
  4. 床上げ操作式クレーン・小型クレーン・玉掛けの技能教習修了した者は、「運転のための合図」が免除される。
ブックストアへ行くAmazon楽天ブックス セブンネットショッピング

試験結果

平成27年度はつぎのとおり

試験区分 受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
揚貨装置運転士(学科) 641 518 80.8
揚貨装置運転士(実技) 446 424 95.1

資格になるまでの必要エネルギー

♠♠♠レベル1

試験実施機関

公益財団法人安全衛生技術試験協会

広告


-司法・法務・行政分野

Copyright© 国家資格カタログ , 2018 AllRights Reserved.