安全・衛生・危険・消防分野

潜水士

投稿日:2017年1月25日 更新日:

労働安全衛生法に基づく資格である。

労働安全衛生法高気圧作業安全衛生規則では、水中で潜水具を使用して潜水の業務に就くには、高気圧障害その他の危険が大きいことから、潜水士免許を受けた者でなければ業務をおこなえないとしている。

潜水士は、水中での土木作業やサルベージや海洋調査、或いは水産物の採取などが主な仕事となる。

所管府省庁・根拠法令

厚生労働省・労働安全衛生法

資格の機能

業務独占資格

潜水士への道

都道府県労働局長が行う潜水士国家試験に合格し免許の交付を受ける。

日程(申込期間)

詳しくは公益財団法人安全衛生技術試験センターへ問い合わせ

日程(試験日・合格発表)

詳しくは公益財団法人安全衛生技術試験センターへ問い合わせ

受験資格

受験資格はない。

試験の内容

  • 潜水業務
  • 送気、潜降及び浮上
  • 高気圧障害
  • 関係法令
試験時間4時間

ブックストアへ行くAmazon楽天ブックス セブンネットショッピング

試験結果

平成27年度はつぎのとおり

試験区分 受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
潜水士 6,793 5,546 81.6

資格になるまでの必要エネルギー

♠♠♠レベル1

試験実施機関

公益財団法人安全衛生技術試験協会

広告


-安全・衛生・危険・消防分野

Copyright© 国家資格カタログ , 2018 AllRights Reserved.