安全・衛生・危険・消防分野

林業架線作業主任者

投稿日:2017年1月25日 更新日:

労働安全衛生法に基づく資格である。

山林で伐採された原木は、山の斜面に備えるけられたた機械集積装置や運搬索道(索道とは空中にロープを吊り下げた運搬用機器に人や貨物などを乗せ運ぶ交通機関のことである。)などを用いて搬出するが、これらの機械集積装置や運搬索道の組み立て、解体、整備の作業やこれらを用いて集材や運搬の作業を行うには、林業架線作業主任者免許を受けた者の中から、林業架線主任者を選任し、作業方法の決定・労働者の指揮に当たらせなければならないとされている。

所管府省庁・根拠法令

厚生労働省・労働安全衛生法

資格の機能

設置義務資格

林業架線作業主任者への道

都道府県労働局長が行う林業架線作業主任者国家試験に合格し免許の交付を受け、林業架線作業主任者に選任される。

日程(申込期間)

詳しくは公益財団法人安全衛生技術試験センターへ問い合わせ

日程(試験日・合格発表)

詳しくは公益財団法人安全衛生技術試験センターへ問い合わせ

受験資格

受験資格はない。

試験の内容

  • 機械集材装置及び運材索道に関する知識
  • 林業架線作業に関する知識
  • 関係法令
  • 林業架線作業に必要な力学に関する知識
試験時間3時間

試験科目の免除

力学に関する講座、学科を修めた者で次の者は、「林業架線作業に必要な力学に関する知識」が免除される。

  1. 大学・高等専門学校・高等学校・中等教育学校を卒業した者
  2. 学士の学位を授与された者
  3. 省庁大学を卒業した者
  4. 専修学校の専門課程修了者などで、学士の学位授与されるのに必要な単位を取得した者
  5. 指定を受けた専修学校の専門課程を一定日以降に卒業した者など
ブックストアへ行くAmazon楽天ブックス セブンネットショッピング

試験結果

平成27年度はつぎのとおり

試験区分 受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
高圧室内作業主任者 223 138 61.5

資格になるまでの必要エネルギー

♠♠♠レベル1

試験実施機関

公益財団法人安全衛生技術試験協会

広告


-安全・衛生・危険・消防分野

Copyright© 国家資格カタログ , 2018 AllRights Reserved.