安全・衛生・危険・消防分野

ボイラー技士

投稿日:2017年1月24日 更新日:

労働安全衛生法に基づく資格である。労働安全衛生法施行規則には、ボイラー免許の交付を受けた者でなければ、ボイラー取扱業務につくことは出来ないとしている。(小規模ボイラーを除く)ボイラー技士は、病院、工場、学校、機関車、浴場などの様々なところで使用されているボイラーを取扱・点検や安全管理を行う専門家である。

資格区分は、特級ボイラー技士・一級ボイラー技士・二ボイラー技士の3種類に区分されている。特級はすべての規模のボイラーで取扱作業主任者になることができる。一級は伝熱面積500㎡未満のボイラーで取扱作業主任者になることができ、二級は25㎡未満の規模のボイラーで取扱作業主任者なることができるとされている。

所管府省庁・根拠法令

厚生労働省・労働安全衛生法

資格の機能

業務独占資格

ボイラー技士への道

都道府県労働局長が行うボイラー技士国家試験に合格し免許の交付を受ける。

日程(申込期間)

資格区分ごとに異なる。詳しくは公益財団法人安全衛生技術試験協会へ問い合わせ

日程(試験日・合格発表)

資格区分ごとに異なる。詳しくは公益財団法人安全衛生技術試験協会へ問い合わせ

受験資格

次のような受験資格がある。

特級ボイラー技士
  1. 一級ボイラー技士の免許取得者
  2. 大学・短大・高等専門学校(ボイラーに関する科目を修めた者に限る)を卒業後、2年以上実地修習した者
  3. 学士の学位を授与されたもの(ボイラーに関する科目を修めた者に限る)を卒業後、2年以上実地修習した者
  4. 省庁大学校(ボイラーに関する科目を修めた者に限る)を卒業後、2年以上実地修習した者
  5. 専修学校の一定の専門課程の修了者(ボイラーに関する科目を修めた者に限る)で、学士の学位を授与されるのに必要な単位取得後2年の実地修習をした者
  6. 指定を受けた専修学校の専門課程(ボイラーに関する科目を修めた者に限る)の修了後で、2年の実地修習した者
  7. エネルギー管理士(熱)免状を有する者で、2年以上実地修習した者
  8. ボイラ・ータービン主任技術者で伝熱面積500㎡以上のボイラー取扱経験
一級ボイラー技士
  1. 二級ボイラー技士の免許取得者
  2. 大学・短大・高等専門学校(ボイラーに関する科目を修めた者に限る)を卒業後、1年以上実地修習した者
  3. 学士の学位を授与されたもの(ボイラーに関する科目を修めた者に限る)を卒業後、1年以上実地修習した者
  4. 省庁大学校(ボイラーに関する科目を修めた者に限る)を卒業後、2年以上実地修習した者
  5. 専修学校の一定の専門課程の修了者(ボイラーに関する科目を修めた者に限る)で、学士の学位を授与されるのに必要な単位取得後1年の実地修習をした者
  6. 指定を受けた専修学校の専門課程(ボイラーに関する科目を修めた者に限る)の修了後で、1年の実地修習した者
  7. エネルギー管理士(熱)免状を有する者で、1年以上実地修習した者
  8. ボイラ・ータービン主任技術者で伝熱面積25㎡以上のボイラー取扱経験
  9. 海技士(機関)免許を有する者
  10. 汽かん係員試験の合格者で伝熱面積25㎡以上のボイラー取扱経験
二級ボイラー技士

特に受験資格はない。

試験の内容

特級ボイラー技士
  • ボイラー構造に関する知識
  • ボイラー取扱に関する知識
  • 燃料及び燃焼に関する知識
  • 関係法令
試験時間各1時間・合計4時間

特級ボイラー技士試験の試験科目免除

一部の科目の合格点を得た者は、試験が行われた翌月から起算して2年以内までは当該科目は免除される

一級ボイラー技士
  • ボイラー構造に関する知識
  • ボイラー取扱に関する知識
  • 燃料及び燃焼に関する知識
  • 関係法令
試験時間・合計4時間

二級ボイラー技士
  • ボイラー構造に関する知識
  • ボイラー取扱に関する知識
  • 燃料及び燃焼に関する知識
  • 関係法令
試験時間3時間
ブックストアへ行くAmazon楽天ブックス セブンネットショッピング

試験結果

平成27年度はつぎのとおり

試験区分 受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
特級ボイラー技士 574 137 23.8
一級ボイラー技士 6,094 3534 58.0
二級ボイラー技士 28,060 16,935 60.4

資格になるまでの必要エネルギー

♠♠♠♠♠一・二級レベル2・♠♠♠♠♠特級レベル3

試験実施機関

公益財団法人安全衛生技術試験協会

広告


-安全・衛生・危険・消防分野

Copyright© 国家資格カタログ , 2018 AllRights Reserved.