安全・衛生・危険・消防分野

衛生管理者

投稿日:2017年1月20日 更新日:

労働者安全衛生法に基づく資格である。常時50人以上の労働者がいる事業所では、労働者の危険又は健康障害の防止、労働者の安全又は衛生のための教育の実施、健康診断の実施・労働災害の原因の調査及び再発の防止するに、衛生管理者を選任し衛生に係る技術的事項の管理させなければならないとしている。

資格の区分は、第1種衛生管理者と第2種衛生管理者の2種に区分される。第1種衛生管理者は、業種を問わず衛生管理者になることができるが、第2種衛生管理者は、有害業務に係るものでは、衛生管理者になることはできない。

所管府省庁・根拠法令

厚生労働省・労働安全衛生法

資格の機能

設置義務資格

衛生管理者への道

都道府県労働局長が行う衛生管理者国家試験に合格し衛生管理者免許の交付を受ける。

次の者は衛生管理者試験を受験をしないで衛生管理者になる資格がある。
  1. 衛生工学衛生管理者
  2. 医師
  3. 歯科医師
  4. 労働衛生コンサルタント
  5. 厚生労働大臣が認めた者

日程(申込期間)

全国7か所の「安全技術センター」で1か月に数回試験が行われている。(詳細は、公益社団法人安全衛生銀術試験協会に問い合わせください。)

日程(試験日・合格発表)

全国7か所の「安全技術センター」で1か月に数回試験が行わている。(詳細は、公益社団法人安全衛生銀術試験協会に問い合わせください。)

受験資格

次のような受験資格がある。

  1. 大学・短大又は高等専門学校を卒業した者で、1年以上労働衛生の実務に従事
  2. 大学の額に学位を授与された者で、1年以上労働衛生の実務に従事
  3. 防衛大学、気象大学等の省庁大学校を卒業した者で、1年以上労働衛生の実務に従事
  4. 大学入学資格のある者で、専修学校の専門課程で、学位授与に必要な単位取得者で、1年以上労働衛生の実務に従事
  5. 指定を受けた専修学校の専門課程を一定日以降に修了した者などで、1年以上労働衛生の実務に従事
  6. 10年以上1年以上労働衛生の実務に従事
  7. 高等学校・中等教育学校を卒業した者で、3年以上労働衛生の実務に従事
  8. 船員法による衛生管理者適任証の交付を受けた者で、1年以上労働衛生の実務に従事、
  9. 高等学校卒業認定試験合格者等で、3年以上労働衛生の実務に従事
  10. 応用課程の高度職業訓練のうち一定のものを修了した者で、1年以上労働衛生の実務に従事
  11. 普通課程の普通職業訓練のうち一定のものを修了した者で、3年以上労働衛生の実務に従事
  12. 外国の14年課程の学校教育を修了した者で、1年以上労働衛生の実務に従事
  13. 特別支援学校・聾学校高等部を卒業した者等で、1年以上労働衛生の実務に従事
  14. 朝鮮大学校を一定の単位をとって卒業した者で、1年以上労働衛生の実務に従事

試験の内容

第1種衛生管理者
  • 労働衛生(有害業務に係るもの・有害業務にかかるもの以外のもの)
  • 関係法令(有害業務に係るもの・有害業務にかかるもの以外のもの)
  • 労働生理/li>
特例第1種衛生管理者
  • 労働衛生(有害業務に係るもの)
  • 関係法令(有害業務に係るもの)
第2種衛生管理者
  • 労働衛生(有害業務にかかるものを除く)
  • 関係法令(有害業務に係るものを除く)
  • 労働整生理
試験時間・第1種・3時間 / 特例第1種・2時間 / 第2種・3時間

試験科目の免除

船員法による衛生管理者的認証書の交付を受けた者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した者は、「労働生理」が免除される

ブックストアへ行くAmazon楽天ブックス セブンネットショッピング

試験結果

直近の試験結果はつぎのとおり。平成27年度

試験区分 受験者数(人) 合格者(人) 合格率(%)
第1種衛生管理者 55,129 30,587 55.5
第2種衛生管理者 25,716 16,983 66.6

資格者になるまでの必要エネルギー

 ♠ ♠ ♠ ♠ ♠レベル2

試験実施機関

厚生労働省・公益社団法人安全衛生技術試験協会

-安全・衛生・危険・消防分野

Copyright© 国家資格カタログ , 2018 AllRights Reserved.