船舶・海上輸送分野 食品・栄養分野

船舶料理士

投稿日:2017年1月12日 更新日:

船員法に基づく資格である。
遠洋区域若しくは近海区域を航行区域とする船舶又は第三種の従業制限を有する漁船(捕鯨船やトロール船等)の総トン数1000トン以上もののうち食料の調理が船内において行われる船舶において、調理に関する業務を管理する者は、船舶料理士の資格を有しなければならないと規定されている。

船上のコックさんと呼ばれ、船員用の食事の調理をする専門家である。

所管府省庁・根拠法令

国土交通省・船員法

資格の機能

設置義務資格

船舶料理士への道

次の要件のすべてを備える者に船舶料理士資格証明書は交付されます。

  1. 満20歳以上
  2. 船舶に乗り込んで1年以上(独立行政法人海員学校の司ちゆう・事務科卒業者・調理師、栄養士及びこれらと同等と認められる者は3か月)専ら調理に関する業務にの従事経験
  3. 船舶料理士試験であって国土交通大臣の登録を受けた者又は独立行政法人海員学校の司ちゆう・事務科卒業者調理師或いは栄養士及びこれらと同等と認められる者
受験をしない船舶料理士への道

調理師・栄養士及・独立行政法人海員学校司ちゅう・事務科卒業者及びこれと同等以上の能力と認められる者

日程(申込期間)

8月中旬から1か月間

日程(試験日・合格発表)

スケジュール・試験日・10月中旬・合格発表・11月初旬

受験資格

試験日までに20歳以上の者
船舶に乗り込んで1年以上専ら司厨部として調理に従事した者

試験の内容

筆記試験
  • 食品文化概論・衛生法規・公衆衛生学
  • 栄養学・食品学・食品衛生学・調理理論
択一試験(一部連結式)試験・試験時間3時間

実技試験
  • 日本料理・西洋料理・中華料理
ブックストアへ行くAmazon楽天ブックス セブンネットショッピング

資格者になるまでの必要エネルギー

 ♠ ♠ ♠ ♠ ♠レベル3

試験実施機関

船員災害防止協会

広告


-船舶・海上輸送分野, 食品・栄養分野

Copyright© 国家資格カタログ , 2018 AllRights Reserved.