環境・自然・公害分野 船舶・海上輸送分野

油濁防止管理者・有害液体汚染防止管理者

投稿日:2017年1月10日 更新日:

油濁防止管理者

海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律に基づく資格です。

総トン数200トン以上のタンカーごとに当該船舶に乗り込む船舶職員にのうちから、船長を補佐して船舶からの油の不適正な排出の防止に関する業務を行わせるために油濁防止管理者を選任しなければならないとされています。

試験制度は存在しません。資格・経験又は講習で取得できます。
油濁防止管理者になるには、次の要件が規定されています。

油濁防止管理者への道

  1. 海技免許(通信海技士及び」電気通信海技士は除く)を受けている者
  2. 船舶職員になることについて国土交通大臣の承認を受けた者で、タンカーに乗り込んで油の扱う作業に1年以上従事した経験
  3. 油濁防止管理者を養成する講習として国土交通大臣が定める講習を修了した者

有害液体汚染防止管理者

海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律に基づく資格です。

有害液体物質を輸送する総トン数200トン以上の船舶ごとに当該船舶に乗り込む船舶職員にのうちから、船長を補佐して船舶からの油の不適正な排出の防止に関する業務を行わせるために有害液体汚染防止管理者を選任しなければならないとされています。

試験制度は存在しません。資格・経験又は講習で取得できます。
有害液体汚染防止管理者になるには、つぎの要件が規定されています。

有害液体汚染防止管理者への道

  1. 海技免許を受けている者
  2. 船舶職員になることについて国土交通大臣の承認を受けた者で有害液体物質を輸送する船舶に乗り込んで有害液体物質を取扱う作業に1年以上従事した経験
  3. 有害汚染汚染防止管理者を養成する講習として国土交通大臣の登録を受けた講習を修了した者




-環境・自然・公害分野, 船舶・海上輸送分野

Copyright© 国家資格カタログ , 2018 AllRights Reserved.