船舶・海上輸送分野

(船舶)衛生管理者

投稿日:2017年1月9日 更新日:

船員法に基づく資格です。遠洋区域又は近海区域を航行区域とする一定規模以上の船舶等の所有者は、(船舶)衛生管理者を選任し、当該船舶に乗り込ませて以下のような業務に従事させなければならない。

1.船員の健康管理及び保健指導・2.船内の作業環境衛生及び居住環境衛生の保持・3.食料及び用水衛生の保持・4.医薬品その他の衛生用品、医療書、衛生保護具等の整備及び点検等を行う船員の健康管理を行う船舶衛生の専門家である。

所管府省庁・根拠法令

国土交通省・船員法

資格の機能

設置義務資格

(船舶)衛生管理者への道

国土交通大臣が行う(船舶)衛生管理者試験に合格する必要が有ります。ただし次の資格者等は受験しないで(船舶)衛生管理者になることができる。

受験をしない(船舶)衛生管理者への道

次に掲げる者は受験せずに資格の認定が行われる。

  1. 医師・歯科医師・薬剤師・獣医師
  2. 保健師・助産師・看護師・准看護師
  3. 医学士・歯学士・薬学士・衛生看護学士
  4. 医学・歯学その他の保健衛生に関する旧専門学校卒業者
  5. 外国で医師免許を受けた者
  6. 労働安全衛生法による衛生管理者で船舶に乗り込んで2年以上船内の衛生管理業務に従事した者
  7. 国土交通大臣の登録を受けた講習を受講し修了した者
  8. 上記と同等以上の能力を有すると認められる者

日程(申込期間)

10月初旬から11月下旬

日程(試験日・合格発表)

スケジュール・試験日12月初旬・合格発表・1月初旬

受験資格

20歳以上

試験の内容

筆記試験
  • 船内衛生
  • 食品衛生
  • 疾病予防
  • 保健指導
  • 薬物
  • 労働衛生法規
実技試験
  • 緊急措置
  • 看護法

直近の試験結果

非公表

資格者になるまでの必要エネルギー

 ♠ ♠ ♠ ♠ ♠レベル2

試験実施機関

国土交通省(海事局船員政策課労働環境対策室)

広告


-船舶・海上輸送分野

Copyright© 国家資格カタログ , 2018 AllRights Reserved.