航空機・航空輸送分野

(航空)運行管理者(航空従事者)

投稿日:2017年1月6日 更新日:

航空法に基づく航空従事者の中の一つの資格である。

飛行機の運航は、気象条件によって様々な影響を受けことがあります。運航管理者は気象条件やその他の運行情報を確認しながら、航空機の飛行ルート、飛行高度、燃料の積み込み量などの飛行計画を作成しパイロット等と連携を取りながら航空機が安全に運航できるようにするのが主な業務です。

航空会社等に勤務しながら、受験資格を満たしたうえで資格をめざすのが一般的です。

所管府省庁・根拠法令

国土交通省・航空法

資格の機能

設置義務資格

運航管理者への道

運航管理者なるには、一定の年齢及び受験資格を充足して、国家試験(学科試験・実地試験)を受けこれに合格する必要があります。

日程(申込日・試験日・合格発表)

詳細は、官報で公示されます。

受験資格

次のような受験資格があります。

  1. 21才以上

航空運送用事業の用に供する最大離陸重量の一定重量を超える飛行機、又は回転翼航空機の運航に関し、次の経験の一つを2年以上及び2つ以上の経験を1年以上有する者或いは運行管理者の業務補助の経験が1年以上ある者

  1. 操縦の経験
  2. 空中航法の経験
  3. 気象業務の経験
  4. 航空機内で無線設備の操作の経験
  5. 航空交通管制官の業務の経験
  6. 運航管理者の業務補助の経験

試験の内容

学科試験
  • 航空機、航空運送用事業の用に供する航空機の構造・性能・燃料消費関係
  • 航空機の運航、重量配分の基本原則及び重量配分の航空機の運航に及ぼす影響
  • 航空保安施設、航空保安施設の諸元、機能及び使用方法・運行上の運用方法
  • 無線通信、無線通信施設の概要、通信組織及び施設の運用方法・手続き
  • 航空気象、風系、気流の擾乱、雲、着氷、空電、霧等航空機の運航に影響を及ぼす気象現象に関する知識・気象観測の方法
  • 気象通報・気象通報の組織及び通報式
  • 天気図の解説、天気記号技術用語及び解析の一般原則
  • 空中航法・無線航法・推測航法に関する一般知識並びに航法用計器の原理及び取扱法
  • 国内航空法・国際航空法
実地試験
  • 天気図の解説、地表面天気図、上層天気図等の気象図から航空機の運航に関する気象状態の予想
  • 航空機の運航、仮定悪天候によ航行の援助
実地試験は、学科試験の合格した者が受験できる。
学科試験に合格した者は、申請により合格通知があった日から2年以内に行われる学科試験は免除される。

直近の試験結果等

非公表

資格者になるまでの必要エネルギー

 ♠ ♠ ♠  ♠レベル4

試験実施機関・資格者団体等

国土交通省

広告


-航空機・航空輸送分野

Copyright© 国家資格カタログ , 2018 AllRights Reserved.