自動車・陸上輸送分野

旅客自動車運行管理者・貨物自動車運行管理者

投稿日:2016年12月29日 更新日:

運航管理者とは、道路運送法及び貨物自動車運送事業法に基づく資格です。トラック、バス、タクシー等事業自動車の運転者の乗務割・休憩や睡眠施設の保守管理・運転者への指揮監督・点呼による運転者の疲労健康状態の把握や安全運行の指示等、これら事業用自動車の安全を確保するための業務の中心的な役割を担っているのが運行管理者である。

自動車運送事業者(貨物軽運送事業者*軽貨物*は除く。)は一定数以上の事業用自動車ごとに一定人数以上の運行管理者を選任することが義務づけられてる。

所管府省庁・根拠法令

国土交通省・道路運送法・貨物事業者運送事業法

資格の機能

設置義務資格

運行管理者への道

自動車運送事業の種別に応じて、旅客・貨物の「運行管理者資格者証」の交付を受ける必要がありますが、次の2つの方法がある。

  1. 国土交通省の指定試験機関である公益財団法人運行管理者試験センターが行っている運行管理者試験を受験して合格する。
  2. 事業自動車の運行の安全確保に関する業務について、国で定めた一定の実務経験、その他の要件を備える。

日程(申込期間)

第1回5月下旬から6月初旬・第2回11月中旬から12月初旬

日程(試験日・合格発表)

スケジュール・試験日年2回・第1回・8月 合格発表・試験日より1か月以内 第2回・3月 合格発表・試験日より1か月以内

受験資格

つぎのいずれかの要件を満たす必要がある。

  1. 試験日前日までに、自動車運送事業法(貨物軽は除く)の運行に関し1年以上の実務経験がある者
  2. 国土交通省が認定する講習実施機関において、平成7年4月1日以降の試験の種類に応じた基礎講習を修了した者

試験の内容

貨物
  • 貨物自動車運送事業法関係
  • 道路運送車両法関係
  • 道路交通法関係
  • 労働基準法関係
  • その他運行管理者の業務に関し、必要な実務上の知識
旅客
  • 道路運送法関係
  • 道路運送車両法関係
  • 労働基準法関係
  • その他運行管理者の業務に関し、必要な実務上の知識
いずれも筆記による方法行われる。試験時間90分
ブックストアへ行くAmazon楽天ブックス セブンネットショッピング

試験結果

H28年第1回試験結果は次のとおり。

試験の種類 受験者(人) 合格者(人) 合格率(%)
貨物 36,028 10,868 30.2
旅客 8,169 2,876 35.2

資格者になるまでの必要エネルギー


♠ ♠ ♠ ♠ ♠レベル3

試験実施機関・資格者団体等

公益財団法人運行管理者試験センター

広告


-自動車・陸上輸送分野

Copyright© 国家資格カタログ , 2018 AllRights Reserved.