電気・通信分野

電気通信の工事担当者

投稿日:2016年12月28日 更新日:

電気通信工事担当者(単に工事担当者が正式呼称)はネットワークの接続を担当する技術者である。

電気通信分野においては、アナログから急速にブロードバンドの時代になり、IPネットワークや情報セキュリティの最先端の技術力を有する専門家である。

電気事業法によれば電気通信回線に末端設備等を接続するには、工事担当者が直接工事を行うか或いはこれを監督するとされている。

所管府省庁・根拠法令

総務省・電気通信事業法

資格の機能

業務独占資格

電気通信の工事担当者への道

工事担当者試験に合格する必要がある。

日程(申込期間)

4月初旬から5月初旬・8月初旬から9月初旬・インターネットにより受付あり

日程(試験日・合格発表)

スケジュール・試験日年2回・第1回・5月下旬 合格発表・6月中旬 第2回・11月下旬 合格発表・12月中旬

受験資格

受験資格はない 国籍・性別・年齢・学歴等問わず誰でも受験できる。

試験の内容

  • 電気工学の基礎
  • 電気通信の基礎
  • 電気工学の初歩
  • 電気通信の初歩
  • 末端設備の技術
  • 総合デジタル通信技術
  • 接続工事の技術
  • トラヒック理論
  • ネットワークの技術
  • 情報セキュリティの技術
  • 電気通信事業及びこれに基づく法令
  • 電気通信事業及びこれに基づく法令の大要
  • 有線電気通信法及びこれに基づく命令
  • 有線電気通信法及びこれに基づく命令の大要
  • 不正アクセス行為禁止等に関する法律
  • 不正アクセス行為禁止等に関する法律の大要
  • 電子署名及び認証業務に関する法律及びこれに基づく命令
学歴・職歴・所持資格で試験科目の免除規定がある。
試験時間・1科目40分(一部例外あり)

ブックストアへ行くAmazon楽天ブックス セブンネットショッピング

試験結果

資格者になるまでの必要エネルギー

 ♠ ♠ ♠ ♠ ♠レベル3

試験実施機関・資格者団体等

日本データ通信協会

広告


-電気・通信分野

Copyright© 国家資格カタログ , 2018 AllRights Reserved.