環境・自然・公害分野

浄化槽管理士

投稿日:2016年12月25日 更新日:

浄化槽法に基づく資格である。浄化槽の保守点検を通じて生活環境の保全及び公衆衛生の向上に寄与している。

浄化槽管理士になるには、浄化槽管理士試験に合格する方法と公益財団法人日本環境整備教育センターが実施いている講習を受講して修了する必要がある。

都市部では下水道の普及により浄化槽を設置の重要は少ないとも考えれるが、地方では浄化槽を設置して汚水の処理をする一般的である。浄化槽管理士の活躍も堅実なものといえる。

所管府省庁・根拠法令

環境省・浄化槽法

資格の機能

名称独占資格

浄化槽管理士への道

浄化槽管理士試験に合格する方法と公益財団法人日本環境整備教育センターが実施している講習を受講して修了する方法の2つの方法がある。

日程(申込期間)

7月初旬から8月初旬

日程(試験日・合格発表)

試験日・10月下旬・合格発表・12月初旬

受験資格及び受講資格

受験資格及び受講資格はない。誰でも受験し、受講できる。

試験の内容

  • 浄化槽概論
  • 浄化槽行政
  • 浄化槽の構造及び機能
  • 浄化槽工事概論
  • 浄化槽の点検、調整及び修理
  • 水質管理
  • 浄化槽の清掃概論
受験しない浄化槽管理士への道

公益財団法人日本環境整備教育センターが主催する講習を受講し修了すること

ブックストアへ行くAmazon楽天ブックス セブンネットショッピング

直近の試験結果

平成28年度 受験申請者数1184人 受験者 1060人 合格者259人 合格率 24.4%

資格者になるまでの必要エネルギー

 ♠ ♠ ♠ ♠ ♠レベル2

試験実施機関・資格者団体等

公益社団法人日本環境整備教育センター


広告


-環境・自然・公害分野

Copyright© 国家資格カタログ , 2018 AllRights Reserved.