建設・各種工事その他建築物分野

建築士

投稿日:2016年12月16日 更新日:

建築士法に基づく資格である。建築分野においては、建築物の大規模化、多様化、高度化が急速に進行してきているが、これらの建築物の設計・工事監理の担当するのが建築士である。

すべての建築の設計・工事管理ができる一級建築士・比較的小規模の建築の設計・工事管理を担当する二級建築士・木造建築のみを担当する木造建築士の3種類に区分される。

所管府省省・根拠法令

国土交通省・建築士法

資格の機能

業務独占資格・名称独占資格

建築士への道


日程(申込期間)

1級・4月初旬から4月中旬・2級4月初旬から4月中旬・木造3月中旬から3月下旬

日程(試験日・合格発表)

スケジュール・1級学科試験7月下旬・設計製図試験・10月初旬・合格発表・12月中旬
二級学科試験7月初旬・設計製図試験9月中旬・合格発表・12月初旬・木造学科試験7月下旬・設計製図試験・10月初旬・合格発表12月初旬

受験資格

学歴・資格・実務経験年数により以下のとおりとなっている。

一級建築士試験
学歴(指定科目を修めて卒業) 建築の実務経験年数
大学 2年~4年以上
3年生短大(夜間を除く) 3年~4年以上
2年生短大 4年以上
高等専門学校 4年以上
二級建築士 4年以上
その他国土交通大臣が特に認める者
建築設備士 4年以上
二級建築士・木造建築士
学歴(指定科目を修めて卒業) 建築の実務経験年数
大学 0~2年(建築課程卒0年)
短大 0~2年(建築課程卒0年)
短大 0~2年(建築課程卒0年)
高等専門学校 0~2年(建築課程卒0年)
高等学校 3~4年以上
建築に関する学歴なし 7年以上
その他都道府県知事が特に認める者
建築設備士 0年

指定科目については、公式サイト(公益財団法人建築技術教育普及センター)でご確認ください。

試験の内容

一級建築士
学科
  • 学科1(計画)
  • 学科2(環境・設備)
  • 学科3(法規)
  • 学科4(構造)
  • 学科5(施工)
設計製図
  • あらかじめ公表された設計課題についての設計製図
学科試験四肢択一式試験・試験時間6時間30分・設計製図試験時間・6時間30分

二級建築士・木造建築士
学科
  • 学科1(建築計画)
  • 学科2(建築法規)
  • 学科3(建築構造)
  • 学科4(建築施工)
設計製図
  • あらかじめ公表された設計課題についての設計製図

学科試験4肢択一式試験・試験時間6時間・設計製図試験時間・5時間

ブックストアへ行くAmazon楽天ブックス セブンネットショッピング

試験結果

資格者になるまでの必要エネルギー

♠ ♠ ♠ ♠ ♠一級レベル4  2級・木造はレベル2~3

 

試験実施機関・資格者団体等

公益財団法人建築技術教育普及センター

編集長のコメント

木造建築士の受験者が極端に少ない。木造建築士をめざしている人には失礼なことかもしれないが、木造建築士の業務は、一級建築士、二級建築士でもできるのだから、木造建築士制度を設ける必要がないと考えるが?  資格制度が機能してない水準です。

広告


-建設・各種工事その他建築物分野

Copyright© 国家資格カタログ , 2018 AllRights Reserved.