観光・国際・貿易分野

旅行業務取扱管理者

投稿日:2016年12月15日 更新日:

旅行業務を行っている企業や個人に必要な資格である。旅行業法では、旅行業を営む企業や個人は、旅行業務に関し、その取引条件お明確性、旅行に関するサービス提供の確実性と公正・旅行の安全・旅行者のサービス向上を図るため、旅行業務取扱管理者をして管理・監督を指せなければならないとされている。この旅行業務取扱管理者は、国内旅行のみを取り扱うことができる国内旅行業務取扱管理者と国内旅行及び海外旅行どちらも取り扱える総合旅行業務取扱管理者の2種類がある。

旅行業務を営む者は、営業所ごとに旅行業取扱管理者を1名以上置かなければならないことになっている。

所管府省庁・根拠法令

国土交通省・旅行業法

資格の機能

設置義務資格

旅行業務取扱管理者への道

国内旅行業務取扱管理者試験又は総合旅行業務管理者試験の合格した者の中から旅行業務取扱管理者を選任し、観光庁長官又は都道府知事に届出をする必要がある。

日程(申込期間)

国内旅行業務取扱管理者・6月初旬から7月初旬・総合旅行業務取扱管理者・7月初旬から8月初旬

日程(試験日・合格発表)

スケジュール・国内旅行業務取扱管理者(試験日・9月初旬・合格発表・10月下旬)
総合旅行業務取扱管理者(試験日・10月初旬・合格発表・11月中旬)

受験資格

受験資格はない 国籍・性別・年齢・学歴等問わず誰でも受験できる。

試験の内容

国内旅行業務取扱管理者
  • 旅行業法及びこれに基づく命令
  • 旅行業約款、運送約款、宿泊約款
  • 国内旅行事務(運送機関及び宿泊施設の利用料金その他旅行業務に関連すること)
  • 国内旅行事務(旅行業務取扱いに関する事務処理)
マークシート式・試験時間・2時間

試験科目の一部免除

国内旅行業務取扱管理研修修了者(終了年次限定)及び前年度国内旅行業務取扱管理者試験の国内旅行実務科目合格者は、国内旅行実務についての免除規定があります。


総合旅行業務取扱管理者
  • 旅行業法及びこれに基づく命令
  • 旅行業約款、運送約款、宿泊約款
  • 海外旅行事務
  • 国内旅行事務
マークシート式試験時間・200分

試験科目の一部免除

国内旅行実務・海外旅行実務の科目合格者は、次年度に限り当該科目の免除規定がある。

ブックストアへ行くAmazon楽天ブックス セブンネットショッピング

試験結果

資格者になるまでの必要エネルギー

 ♠ ♠ ♠ ♠ ♠レベル3

試験実施機関・資格者団体等

一般社団法人全国旅行業協会(国内旅行業務取扱管理者試験)・一般社団法人日本旅行業協会(総合旅行業務取扱管理者試験)

広告


-観光・国際・貿易分野

Copyright© 国家資格カタログ , 2018 AllRights Reserved.